circle

circle

circle

circle

circle

#グルメ

藤沢の食物語:現役網元が語る鵠沼の浜の絶品しらす

2020.08.27

鵠沼の浜でしらす60年

網元・堀川網

世界の人々に自慢したい食材、相模湾で採れた鮮度抜群の「しらす」や「ハマグリ」。直売所なら、お値打ちで買うことができるかも?

新型コロナウイルスの渦中、どのように漁業環境が変わったのか?藤沢市漁業協同組合 組合長さんに取材してきました!

お店では1日に150パック売れるという、釜揚げしらす

藤沢の名物といえば、まず挙げられるのがしらす。鵠沼の浜では、大正時代から漁が行われてきましたが、堀川網は今唯一この地で残っている網元です。藤沢市漁業協同組合組合長でもある社長の葉山一郎さん(76歳)は約60年にわたり相模湾で網を引き、今なお現役で海に出ています。

社長の葉山一郎さん

漁師のお店ということで、横浜方面からもお客が来ると言います。天然のスズキ、ヒラメ、アジや、市場から仕入れるマグロ、カンパチもお手頃価格で提供。ここ数年では市との共同で放流ハマグリが10cmほどに見事に育って地元の名産になっています。

水がきれいになった鵠沼の最近の名産ハマグリ。差し渡し10cmのものが1日300kg取れるという

「新型コロナの影響で地元の居酒屋、料理屋からの注文が減っている」とのことですが、お店には、季節ごとの魚介類と、兼業で作っているぶどう、トマトなどの農産物も並び、お客さんがひっきりなし。帰省自粛で里帰りをやめ、地元の産物を宅配便で故郷に送る人も多く、この夏特有のお盆需要で賑わっていました。

小田急江ノ島線、鵠沼海岸から徒歩10分


堀川網
藤沢市本鵠沼 3-11-37
TEL:0466-36-9636
営業時間:9:00~18:00
定休日:水曜日

 

RECOMMEND

あわせて読みたい編集部おすすめ記事

  • 【aicco編集部独自調査】今なぜ私立小学校が人気なのか ~私立小学校の魅力に迫る~

    【aicco編集部独自調査】今なぜ私立小学校が人気なのか ~私立小学校の魅力に迫る~

    2021.04.18

  • 江の島フィッシャーマンズマルシェ

    江の島フィッシャーマンズマルシェ

    2021.04.13

  • 原因いろいろ、早めに気づいて「ペットの下痢」  のっぽ先生の家庭の獣医学 vol.08

    原因いろいろ、早めに気づいて「ペットの下痢」  のっぽ先生の家庭の獣医学 vol.08

    2021.04.10

  • 【必見】知らなきゃ損!子どもと楽しむお得な野球観戦レポート

    【必見】知らなきゃ損!子どもと楽しむお得な野球観戦レポート

    2021.04.09