circle

circle

circle

circle

circle

#有隣堂藤沢店

【有隣堂 藤沢店スタッフの今月の逸冊 ⑤】この秋は藤沢の身近な歴史を感じて!2022年大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の舞台?

2020.10.11 大河ドラマ 歴史 永井路子 読書

有隣堂藤沢店スタッフの皆さんによる、特集企画です。店内に豊富に並ぶ文庫、ビジネス、絵本など様々なジャンルから、同店ならではのイチオシの書籍をご紹介いただきます

 

今回ご紹介の逸冊はこちら!

『相模のもののふたちー中世史を歩く』
永井路子 有隣新書 本体価格1200円+税

藤沢にお住いの方は、市内に旧跡も多いこともあり、歴史に詳しい方が多い気がします。

2022年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』。主役は北条義時。
これだけ聞くと、源頼朝死後の権力闘争が1年間続くように感じます。
NHKの大河ドラマ宣伝HPの三谷幸喜さんのコメントも、そんな風に読めます。
しかし、同じHPの『ストーリー』という項目を読むと、頼朝・北条政子の結婚のくだりがあるので、
『13人』の前に、関東武士団のことを知っておくと、楽しくなりそうな予感がします。

永井路子さんの『相模のもののふたち』は、42年前、相模国の武士団の面影をもとめ、県内各地を歩いた紀行文です。
実際に現地を歩き、そこで感じた中世の武士の息吹を、独自の視点でまとめています。

『Ⅴ.宿命の明暗を背負って 大庭 懐島』や『Ⅶ.悪名と栄光の陰に 梶原 飯田 長尾』は、地元なら、読んでおきたいですね。

ーーーーーーー
有隣堂 藤沢店

https://www.yurindo.co.jp/store/fujisawa/
藤沢市南藤沢2−1−1 2・3・4・5F フジサワ名店ビル
0466−26−1411

ーーーーーーー

RECOMMEND

あわせて読みたい編集部おすすめ記事

  • 【有隣堂藤沢店スタッフの今月の逸冊 12】今に立ち向かう子どもたちの心に寄り添ってくれる、優しい児童文学

    【有隣堂藤沢店スタッフの今月の逸冊 12】今に立ち向かう子どもたちの心に寄り添ってくれる、優しい児童文学

    2021.04.04

  • 【殿堂入り】卒園・入学時に読みたい絵本5選【Junko Muneto 私の本棚から】⑨

    【殿堂入り】卒園・入学時に読みたい絵本5選【Junko Muneto 私の本棚から】⑨

    2021.03.26

  • 決定版!「かんがえる」ことを楽しむ絵本6選【Junko Muneto 私の本棚から】⑧

    決定版!「かんがえる」ことを楽しむ絵本6選【Junko Muneto 私の本棚から】⑧

    2021.03.12

  • 【有隣堂藤沢店スタッフの今月の逸冊 10】 推し、燃ゆ

    【有隣堂藤沢店スタッフの今月の逸冊 10】 推し、燃ゆ

    2021.03.11